万葉烏梅染めと和の色彩

  • HOME
  • 万葉烏梅染めと和の色彩

当店は、こだわりの着物創りをしています。
装う方のお顔、雰囲気をいっそう引き立たせる、周囲の方をも素敵な気分にさせる、清潔感があって、すっきりとして上品で…。
実現したいことはキリなくございますが、まず辿り着いた答えは、その方を引き立たせる
『色で見せる着物』を創ることでした。
生地、色、模様にこだわり、ひとつひとつ丁寧に着物創りをすすめております。

万葉烏梅染について

万葉烏梅染について

装う方のお顔、雰囲気をいっそう引き立たせる。
周囲の方をも素敵な気分にさせる。
創りたいものは、それを実現する、清潔感があって、すっきりとした上品な着物です。

烏梅を染料として使用するには工夫と手間がかかります。
しかし、「お顔を引き立たせる色」の着物を長年研究し創り続けて参りました結果、
烏梅を使用した染めの優れた発色性、程よく上品な光沢感にすっかり魅了され、オリジナルの烏梅染の品々を創るようになりました。

古くから烏梅は、紅花染をする際、「酸」によって紅の色を布に美しく染着させるための媒染剤として利用されていました。現在でも、一部で紅花染や、紅に使用されています。

当店の万葉烏梅染の着物は、選び抜いた上質な生地を、上品で深みのある色に染め上げ、烏梅の染料を掛けることにより、美しい色合いに仕上げています。
赤、黄、茶、緑、青、紫、鼠の7つの日本色を軸に染め上げられた百余色の万葉の色を、是非お楽しみいただきたく思います。

万葉烏梅染について

烏梅は、梅の実を燻製にしたもので、烏(カラス)という字の「全体に黒く~」という意味合いにちなんで名づけられたといわれています。
日本に「梅」が伝わってきたのは中国からですが、中国の古名では、梅のことを「烏梅」と書きます。

古来中国では、梅といえば、燻製梅のことをいい、主に薬として利用されていたようです。
万葉時代、遣唐使により日本に伝えられたのも、この烏梅の薬(漢方薬)としての効能で、その後樹木も伝えられました。

万葉烏梅染について

烏梅は、漢方薬としてだけでなく、染めにも利用されました。特に紅花染にはなくてはならない貴重なものでしたが、明治以降、化学染料の輸入により需要が減り、生産も激減していきました。しかし、現在でも、烏梅は完熟した梅の実を煤でまぶして乾燥させ、手間をかけて創られています。

古くから梅の名所で知られる奈良の月ヶ瀬村で烏梅造りをされているのは、国の文化財保存技術「烏梅製造」の唯一の保持者として認定されておられた中西喜祥さんから代々の製法を受け継ぎ、同じく認定を受けられた中西喜久氏宅の1軒のみ。
私どもは、製造を頑なに守り続けてこられた、この中西氏の烏梅を使用しています。